旅日記・・どこかに行きたいなぁ

旅行記をまとめています

ペナン日記・・深夜特急に憧れて・・

にほんブログ村 旅行ブログへに参加しています

f:id:fabifuten:20191111064647j:plain

バタワースについた

深夜特急の旅も終わった。

沢木耕太郎の「深夜特急」の中で、バンコクからペナンまでのところは私にとって印象的なところである。ここからが私の大好きなところとなる。やっと、長く夢見た場所にたどり着くことができた。

終着駅だから、大きい駅だと思ったら、ホーム一つの簡素な駅である。思い入れが強かった分、気持ちが萎えた。

ホームから、ペナン島へはフェリーへのは長い通路で移動である。なんの飾りもない通路。観光客にとっては、「ようこそ、ペナン」など何か欲しいところである。しばらく歩いて、フェリー乗り場に着く。40円ほどの料金。香港のスターフェリーよりちょっと高いくらいである。こんなところに両替所あるわけないので、先ほどの列車の中の両替は正解であった。

 

乗り場は、人も車も一緒です。これにはちょっとびっくりです。瀬戸内の離島フェリーと同じ雰囲気です。

待合室は立派です。妊婦や身障者の優先乗船があります。ベンチに座ってカミさんのカメラの設定を直していると、列車でカミさんの寝台に間違って寝ていたサボテン野郎が話しかけてきた。

そのカメラ、いいカメラだと言って、ズボンのポケットから出したカメラが私と同じFUJIのX100。しかし、ズボンのポケットからはないだろう。私は大事にカメラバックにしまっているのに・・でも、列車内のうらみはなくなりました。意外にいいやつです。

 

ちなみに、写真の真ん中が彼です。その後ろに立っているオッサンが面白かった。妊婦の優先乗車のイラストを見て、自分の方が腹が出ているとアピールしていた。

0_20150701150914221.jpg

船の中は、車と人の混在状態。車に物が当たって、傷がつかないかと、ひやひやしまずか、あまり、皆さん気にしてないようです。車の傷、神経質に気にするのは、日本人の特徴みたいです。

 

一番前が一等席です。ちなみに出口もここからです。15分ほどの船旅ですが、けっこう長く乗っていた感じがします。みなさん写真撮ったり、観光客も多いようです。


景色のいい外側が車で、人が中央です。逆でしょうと突っ込みたくなりますが、乗り降りの際はこの方がスムーズのようです。

やっと、ペナン島。バス、寝台列車と乗り継いだ、プーケットからの移動が終わります。これは疲れました。始めの予定では、その日の夜、クアラルンプール行の寝台列車で移動を考えていましたが、これ以上のハードスケジュールは無理です。

サボテン野郎と、妊婦のオッサンに別れをつげ、ペナン島上陸です。

f:id:fabifuten:20191111031044j:plain

ペナン島 

フェリー乗り場のバス停に来た市内循環バスに乗った。しかし、発車しない。

前の方に座っていた乗客と運転手が口論していると思ったら、その乗客は怒って降りて行った。運転手に発車時間を尋ねると、何か言った。そして、運転手も降りて行った。

仕方ないので、タクシーでホテルへ向かうことにする。値段交渉すると、300円くらいのようである。後で知ったが、チュリス通りを走ったようである。車中から、先ほど別れたサボテン野郎と妊婦おじさんが仲良く宿探しをしていた。確かに安宿が並んでいる。二人はいいコンビになったようである。一人旅ならではの出会いである。ちょっと、うらやましい。

 

私たちの泊まるホテルはシティテル。お値段7000円ちょっと。口コミでは、近くに食べ物屋がたくさんあるので困らないとか、無料市内バスのバス停が近くにあって困らないとか、いろいろ評判がよさそうなので予約を取っていた。

 

チェックインするとき、宿泊税が必要だというので、カードを出したら、ダメだという。よく聞くと、60円ほど。恥をかいてしまった。アップグレードしますと言って、案内された部屋は高層階。見晴らしはいいし、内装もいい。ただ、隣の部屋が内装工事のためにうるさい。

電話で苦情を言うと、2時間ほど我慢してくれと言う。私は大丈夫だが、睡眠不足のカミさんは昼寝したいのに眠れないと、不機嫌。しかたないので、再度フロントに部屋を変えてくれと言うと、スタンダードの部屋になるけどいいかと返事があった。この国でも、いろいろ電話でトラブルがあるのか、これらの通話はすべて録音されますと言ってから始まった。代わった部屋はほんとにスタンダードで、お値段通りの部屋になった。

カミさんが昼寝している間、ホテル周辺を散策。洗濯したパンツが品切れになったので、洗濯屋さんをみつけて洗濯を頼みたかったからである。一軒見つけたが、今からだと明日の昼過ぎになるという。今晩のパンツを何とかしなければ・・・

部屋に帰るとカミさんの機嫌が直っていた。今度は腹減ったという。そういえば、昼ご飯がまだだった。近くにあると聞いていた屋台村、レッドガーデンに行ってみる。残念ながら、まだ店はやっていなかった。

仕方ないので、付近をうろついて、適当なレストランに入った。マレーシアに来たのだからと、ラクサを頼む。以前、クアラルンプールに立ち寄ったときもラクサを食べたのだが、今回同様、美味しくない。どうも私の好みに合わないようであるが、完食した。

当然、昼ビールも頼んだが、タイと比べて高い。イスラムの国と言うのもあるのだろうか。物価全体が高いせいもありそうだ。

部屋に帰る強烈な睡魔に襲われ、そのまま寝てしまった。ビールを飲んだせいで、熟睡していた。起きるとあたりは暗くなっていた。

 

出かけるにあたり、フロントで地図を貰い、街の繁華街を聞いた。コムタという。

先ほど部屋から見えたビルである。そういう繁華街ではなく、ダウンタウン的な繁華街を聞くと、チュリス通りという。地図で示すに、先ほどタクシーで来た通りである。

その通りに行く前に、先ほど行ったレッドガーデンに行ってみた。座る席もないほど一杯の人であふれていた。売っているも、多種多様。しかし、人の熱気で暑い。そうか、今日は土曜日である。観光客ではない、現地の人たちが楽しんでいるようである。ここはあきらめて、チュリス通りに向かった。

 

f:id:fabifuten:20191111071323j:plain

人が多い方へと歩いていくと、人がわいているところにたどり着いた。その場にいた人に、この場所は街の中心かと聞くと、どうも英語が苦手のようで、娘に話を振った。確かに、ここがホテルの人が教えてくれた場所のようである。しかし、屋台は出ているものの、規模が小さい。人はそこそこ出ているのだが、お祭り騒ぎと言うところまではにぎやかでない。ちょっと前まで、プーケットのバングラ通りで遊んでいたためか、ちょっと拍子抜けした。娘さんに、ここ以外に賑やかなところはないかと聞くと、コムタと言う。ホテルマンと同じ答えである。

目的地ほコムタに代わった。パンツも買わないといけないので、そこにあるスーパーに行くことにした。行き方は簡単で、高いビルを目指すだけである。コムタのスーパーにつくと、店じまいを始めていた。いや、すでに閉まっているテナントもある。とりあえず店をぶらついてみる。

私の住む街のご近所さんにあるスーパーくらいである。いや、近所の方が明らかにあか抜けている。ここGeorge Townは都会ではないようである。

パンツを買った。カミさんは買ったサンダルが合わないようで靴擦れしたので、絆創膏購入。ここにも、食べるところもないので、ホテルの近くで食事にするこことする。

帰り道、地球の歩き方を持った若い女性の日本人二人組に合う。くどいのだが、もう一度この町の繁華街を聞く。答えは、コムタ。地球の歩き方にも書いているという。

昔と違って、地球の歩き方の情報はしっかりしているので間違いないだろう。ちなみに、私は「地球の歩き方」を読まない。いや、読めないというのが正確である。あの小さな文字は年寄りにはキツイ。年寄り向け地球の歩き方ができると読むと思うが・・・

カレー屋さんからお誘いを受ける。

 

注文が終わると、店の中の写真を撮れという。宣伝してほしいらしい。人気店のようで、ひっきりなしに客が来て、テイクアウトしていく。いろんな種類がある。私が頼んだのはタンドリーチキン。それと、ナン。味はいい。うまいです。でも、私には辛い。美味しいのに、食べれない。ラッシー飲んでごまかすのだが、やっぱり辛い。さすが、タミル人の住む街である。

食べながら、泊まっているホテルを眺めた。どうも、高層ビルのホテルの相性は悪いようである。高いビルのホテルの周辺には、私の口に合う店がないようである。