旅日記・・どこかに行きたいなぁ

旅行記をまとめています

チェコ日記・・赤い屋根が続くプラハの街

f:id:fabifuten:20191102074408j:plain

行くまではそれほど期待していなかったプラハの街。素晴らしい街並みが残っていました。旧社会主義国の中でも豊かな国と知られるチェコ。治安も良くのんびりしたところでした。

ウィーンからプラハへ

REGIOJET

今日は久しぶりにひとり旅。別に夫婦喧嘩したわけではありません。

ハンガリーからオーストリア、そして、チェコと安上がりの移動をしています。この3ヶ国の移動を一人24ユーロで済ませました。二人分でも50ユーロしません。

その原動力がREGIOJET。チェコの民間の鉄道会社です。オフィスを持たず、チケットはネット販売。省力化で運賃を下げています。

 

かといってサービスが悪いわけではありません。バスや列車では水やコーヒーが無料で配られます。車内では、高速wifiが使えます。安い、快適、早いの三拍子揃った会社です。

 

ただ、そのため人気が高く、チケット早く売り切れます。今日のチケットは前日に買ったもの。そのため、席が3号車と6号車に別れました。それで、ひとり旅となった次第です。

 

f:id:fabifuten:20191101154404j:plain



今日の列車のひとり旅。チェコの風景を楽しみながらの4時間。よかったです。まず座席が懐かしのコンパートメントスタイル。昔はこれが主でしたが、今は少なくなってなかなかお目にかかれません。そして最後尾まで行くと後ろのドアが開いてます。そこからの眺めは鉄ちゃんとしてはヨダレものの世界。ずっと続く線路を眺めていました。

周りの風景も北海道の美瑛の丘がずっと続いている感じです。時々現れる村がまた美しい。満足の列車の旅でした。

f:id:fabifuten:20191101154414j:plain


ただ一つ残念なことが・・同じ列車にクロアチアの団体さんが乗車。酒を飲んで大騒ぎ。更にタバコは吸うは・・車掌がno smokingと言っても笑って誤魔化すばかり。集団心理でしょうか。やりたい放題でした。どこの国も団体さんには困りものです。

 

プラハ駅

到着したプラハの駅。レトロな雰囲気で、びっくり。というより、古すぎて使いづらかったりして。しかし、一つ階を下がって地下に降りると近代的な駅になっています。それでも首都の駅としては小さなもの。なんとなく歩くきやすい街のようです。

 

f:id:fabifuten:20191102074435j:plain

 

さて、駅からホテルまでの移動です。噂に聞いていましたが、ぼったくりタクシーでした。タクシー乗り場で料金を聞くと、25ユーロ。高々1キロちょっとの距離です。まぁ、歩けない距離でもないのですが、プラハの街は石畳の道。コロコロを転がして歩くのにはきついです。楽しようと、タクシーを考えたのですが、ちょっと信じられない料金。

 

呆れて、やっぱり歩くことに・・すると、運ちゃん、追いかけて来て、10ユーロでいいという。それでも高いのですが・・移動で疲れてたので、それで了承。

 

ホテルへチェックインです。

ただこのホテル、ちょっと口コミに色々ありまして、周辺の環境が良くないとのこと。こんな店が周辺にあります。なんか、周辺は風俗街のようですが、全く治安に問題はありません。まぁ、オランダのアムステルダムから考えたら可愛いものです。

f:id:fabifuten:20191101154432j:plain

 

プラハ名物

その後、市内観光へ。なんかお祭りがあるようです。そんな共和国広場で、メキシコのキャンペーンイベントやってました。懐かしくなり、美味しそうに焼けたメキシコステーキと、チェコのビールとともに買ってみました。

f:id:fabifuten:20191101154507j:plain

さて、ここで事件発生。急いで食べたので喉に詰まらせてしまった。チェコで肉詰まらせて死ぬとニュースに出るのだろうか・・そんなこと考えながら、悶えていると、最後は無事飲み込めて一件落着。肉は小さくして食べましょう。

どうもメキシコの呪い続いているようです。

 

ステーキ食べたばかりですが、続いてカミさんはトゥルデルニークが食べたいとのこと。先ほどの事件で、ステーキ、喉通らなかったのことです。

上に、アイスが乗っているのを買ってみました。このアイスと別名のバランス。名物にうまいものなしと言いますが、これは美味しいです。ただ、ちょっとお高いようで・・

 

f:id:fabifuten:20191101154712j:plain

 

そして、日暮れに合わせてスメタナの曲で知られるモルダウ河へ。

チェコに来たら、まず見たかった風景です。太陽が沈むのを眺めながら、よくここまで来たものだと・・元気になってよかった。

  

f:id:fabifuten:20191101155920j:plain

 

二日目のプラハ観光は高いところ

今日は一日プラハ観光。といっても、出かけたのは昼過ぎですが・・なんとかは高いところが好きと言いますが・・カミさんも大好き。

 プラハ城

ということで、まずは山の上にあるプラハ城へ。地下鉄に乗って、麓の駅まで。そこからケーブルカーとか楽な方法で登ることができるのではと思いましたが、その期待もむなしく、ありませんでした。

ひたすら坂道を登ります。20分ほど歩いて到着。呼吸器の病持ちにはきついところです。後で調べると、トラムを使って別の入り口から入ると楽だったようで、ちゃんと下調べ大事です。

 

でも丘の上からの赤茶の屋根の街並み。やっぱり高いところはいいです。 眺めだけてでなく、城にあるカテドラルも素晴らしい。特にステンドグラス。苦労して登った価値がありました。

 

f:id:fabifuten:20191101154910j:plain

 

モルダウ河畔

丘を降り、モルダウ川べりを今日も散策。やっぱり平らなところが楽です。日曜日とあって、たくさんのボートが川に浮かんでいます。人気があるようで、ボート待ちの行列もできてます。

 

f:id:fabifuten:20191101155827j:plain

 旧市庁舎の塔

その後、旧市庁舎の塔へ。また、高いところに登ります。こちらはエレベータがありました。少々の出費は楽ができるのなら惜しみません。

登ると、四方に広がる街並み。プラハ城以上に見応えあります。よく見かけるプラハの写真。ここから撮られたようです。

この街並み、フィレンツェやベネチアより美しいかも・・カミさん、かなり気に入ったようです。

 

f:id:fabifuten:20191102074745j:plain

 

さて、高いところの観光で満足したところで、夕食。まだ、ちゃんとしたチェコ料理食べていません。安いレストランを求めて歩いていると・・管弦楽の調が・・

音楽学校の学生さんでしょうか・・見事な演奏です。

 

f:id:fabifuten:20191101155709j:plain

あまりの素晴らしさに、ポケットの中の小銭、全て差し上げて来ました。お札をあげないところは少しせこいですが・・それにしても、この演奏を見てからかっていたドイツ人の若者。ロクでもない。どうもドイツ人、チェコの人を下に見ている感じ。ちょっと金持ちだからといって、偉そうぶるんじゃないよって感じです。

 チェコビール

その後のチェコ料理も満足な味で・・それよりか、プラハで飲むビール。最高です。もうドイツでは飲めません。

f:id:fabifuten:20191102074819j:plain

 

さて、明日は国境越え。またまた、安上がり移動です。

そろそろトラブりそうな予感が・・