旅日記・・どこかに行きたいなぁ

旅行記をまとめています

スペイン日記・・太陽に遊ばれた旅

にほんブログ村 旅行ブログへに参加しています

f:id:fabifuten:20191029183645j:plain

モロッコからセビリアへ移動。グラナダ、ネルハ、マラガとアンダルシア地方を廻って最後はバルセロナ。コスタ・デ・ソルが快適すぎて・・そして、スペイン料理、美味しすぎ・・いやいや感激の嵐のスペインの旅でした。

 

セビリア到着

現在、夜の九時。やっと太陽が傾きかけています。今、スペイン、セビリアにいます。

やっと、ラマダンのモロッコから脱出できました。

 

さっそくホテルの近くのバルへ。タパスとビールを頼んで、モロッコでの無事を祝いました。さて、スペインですが、未だ未定のことだらけ。

どこに行こうか・・悩み中です。

 

ここ、アンダルシアは決まっているのですが、その先が未定。

 アンダルシアでのんびりしながら考えることにします。

 ところで、ネットが砂漠より重たいのはどういうこと・・

 

セビリアの一日

セビリアの1日が終わりました。慌ただしい1日でした。

 闘牛場から始まり、

 

f:id:fabifuten:20191029161243j:plain



 カテドラル、

 

f:id:fabifuten:20191029161432j:plain



 

小道が楽しいユダヤ人町、

 

f:id:fabifuten:20191029161445j:plain



そして、スペイン広場。

 

f:id:fabifuten:20191029161749j:plain


最後にフラメンコまで・・

 

f:id:fabifuten:20191029161800j:plain



一気に1日で観光を終わらせました。

 

さて、感想ですが、観光客の平均年齢高すぎ。70歳は超えてるのでは・・杖をつきながら、よろよろと歩く婆さんまで・・ゆうに90は超えてますな。しかし、めちゃ、おしゃれをして歩いています。でも、ほとんどの人は足腰がしっかりしています。

 

バルで年配カップルが仲良くお食事。ワインを飲んで、昼ごはん楽しんでます。まさに、老人天国というか・・楽しい老後を過ごしています。

 

少しアジアとは違っているようで・・旅行者は年寄り中心。バックパッカーの若者が肩身狭そうに歩いています。気候が良くて、物価が安い。今夜はスーパーで買って来たものを部屋で食べてますが・・

一番高いものが、イベリコ豚の生ハムで4.95ユーロ。キャビアが1.7ユーロと高いくらいです。ちなみにビールは一本0.89ユーロです。食後に飲んだ100%オレンジジュースに至っては、1リットルが0.63ユーロ。

 

セビリアは年金生活者が過ごしやすい街のようです。そして、何と言っても食べ物が美味しい。明日、この街をでますが、後ろ髪を引かれる思いです。

 

明日はアルハンブラのグラナダ・・何が待っているのかな・・

 


スペイン・アンダルシア・・セビリア、闘牛、フラメンコの旅Slide show・・ヨーロッパ60日の旅・・

 

セビリアからグラナダへ

f:id:fabifuten:20191029162309j:plain

 こちらは夜の11時。日本だったら、もう寝ますかという時間。というより、もう寝てる時間。しかし、こちらスペインでは夕方気分。外は人で賑わっています。今日も色々ありました。というより、昨夜からですが・・

 

セビリアからグラナダへの移動方法、晩御飯食べた段階ではまだ未定。夕食後、ほろ酔い気分でネットで予約しました。最初はバスで移動する予定でしたが、バスターミナルが泊まったホテルと街の反対側にあるので急遽、鉄道に変更。安く予約できたので満足していたのですが・・日付を確認すると、一日ずれてました。

 

というのは、使っているパソコンは日本時間になっています。夜の段階で、パソコン上では日付が動きます。それに気づかずに、さらに1日先の日付で予約してしまいました。

 

さて、予約したチケットはスペイン語。キャンセル方法がわかりません。この辺かなと探りを入れてクリックしてみると、予約番号とメールアドレスを入れよと、出て来ました。神に祈る気持ちで送信してみると・・キャンセル完了のお知らせ。こう書くと簡単にできたように見えますが、メチャ頭はフル回転でした。

 

再度、予約を取り直し、一安心。しかし、興奮したのか、その後眠れずに、睡眠不足の朝を迎えました。

 

初めてのスペイン鉄道の旅なので、タクシーで早めに駅に到着。時刻表で出発時間や出発ホームの確認です。時刻表を見ていると・・列車の次の停車駅がホテルのすぐ近くの駅。ありゃ、わざわざここまで来ることなかったようです。

 

そして、列車は何のアナウンスもなく静かに出発。日本の感覚に慣れていると、結構焦ります。寝不足がたたり、ウトウトしながらの旅です。せっかくの鉄道の旅がもったいない。

外は、ひまわり畑が広がっています。しかし、窓には模様が・・

 

f:id:fabifuten:20191029162347j:plain


模様ではなく、汚れです。さすがというか、やっぱりスペインです。

おおらかですねぇ・・

 

その後、検札の時、何かタブレットの注意書きを読まされ・・

眠たいし・・

わからないし・・

適当に返事をして・・

 

二時間後、何かアナウンス。すると、みんな降りる支度をはじめました。まだまだ、到着までには時間があるのですが・・何でもない駅に到着。全員降ります。意味がわからないけど、私達もおります。人の流れとともに行き着いたところは、バス停。グラナダ・・グラナダ・・とバスの運転手が叫んでいます。そのバスに荷物を預け、バスに乗ります。

 

f:id:fabifuten:20191029162459j:plain



降ろされた駅に貼っていたポスターからすると、セビリアとグラナダの一部の区間、バスの代行運転になっていたようです。検札の時見せられたタブレットの文字に高速鉄道の工事・・とか書いていたような・・この意味だったのね・・

 

そんなこと、予約の時に知らされてないし・・他の乗客も結構焦っていたし・・

さすがスペイン・・おおらかです。ちょっと、イラつきますが・・

 

しかし、ちゃんと定刻にバスでグラナダ到着。終わり良ければ全て良しというところでしようか・・まぁ、疲れました。

 

それにしても、今回の旅行、色々ありすぎ・・呪われているのでしょうかぁ・・

 昼は焼きそば、夜は3.5ユーロ定食・・

質素に生きているのですが・・

 

グラナダ

f:id:fabifuten:20191029162653j:plain

アルハンブラ宮殿

 おはようございます。こちらはスペイン時間、朝の8時です。疲れ気味の朝を迎えています。昨夜、ブログを更新しようと思ったのすが、途中で挫折。それくらい昨日は疲れました。ぐっすり寝たので少し回復しましたが、それでもまだ疲れが残っています。

 

昨日は歩数二万歩。距離にして、12キロ歩いていました。

 

歩いたところはアルハンブラ宮殿。思っていたより、ずっと大きなところでした。旅行案内書などでは、三時間などと書いているのもありますが・・そんなの絶対無理。半日でも見残したところがあります。ゆっくり見たいのであれば、1日は必要ですね。

  

さて、待ち焦がれていたアルハンブラ宮殿。

その入場の前にカメラが壊れました・・

なんというトラブル・・

一番働いてもらわないといけない時に、動かないなんて・・

なんて、ふざけたカメラでしょう。

 

普段はiPhoneで写真を撮っています。そのため、機嫌を損ねたのでしょうか・・

気合い入れで、ぶち殴ってやろうと思いましたが、大人しく、カバンに戻しました。

 

がっくりです。

かなり落ち込みました。予備のカメラも持っていますが、昨日に限ってホテルに置いてきた。入場時間が迫っていたので、泣く泣くカメラで写真を撮るのを諦めました。それにしても、今回の旅行、毎日、トラブルの連続です。

 

そんなアルハンブラ宮殿でしたが・・

 

f:id:fabifuten:20191029162913j:plain


素晴らしい・・

 

世界中から人が集まる理由わかります。すぐ入場チケットが予約で売り切れます。その入場制限しているのに、大混雑。たくさんの団体さんが嵐のように通り過ぎます。さらに地元の修学旅行生も・・まさに、ディズニーランドです。

 

f:id:fabifuten:20191029162934j:plain


その合間をぬって写真撮影です。いい写真スポットでは、気にいるまでポーズを撮り直して写真撮る輩も多く・・さらに混雑に拍車をかけていました。そんな中でも、楽しめたアルハンブラ宮殿。結局、昼過ぎから閉園近くまで滞在してました。

  

f:id:fabifuten:20191029162945j:plain

ホテルに帰って、ぐったり。夕食を外に食べに行く元気もなく・・贅沢にホテルのレストランで食べてしまいました。たまにはいいか・・

 

さて、今日は休息日にします。どこも出かけずに・・

なんて・・できるかな。

メキシコのこともあります。無理をすると、やばいです。ここは大人しくのんびりします。

 

グラナダで安息日

f:id:fabifuten:20191029163258j:plain

今日は何もしないと決めていたのですが・・郵便局に手紙を出しに・・

スペインの郵便局はCORREOSという名前。ホテルから歩いて15分ほどのところにありました。絵葉書一枚を200円ほどで送れました。

 

その帰り道、昼ごはんは日本食レストランへ。考えてみれば、外国で日本食レストラン久しぶり・・

 

5年ほど前に、パリで怪しい日本食レストランに入った以来。明らかに日本人以外が作っている店で、出てきた料理がめちゃマズ。味噌汁など、ダシが入ってなく、飲める代物ではなかった記憶が・・

 

今日、行った店はMASAEという日本食の店。トリップアドバイザーの評判はすごく美味しいとのこと。期待して、行ってみました。開店してすぐだったので、先客は一人だけ。たくさんの日本人に会えると期待していたのですが・・

私が頼んだ日本食が、カツカレー。鰻丼とどちらにしようか迷った末にこちらに決定。

 理由は・・

こちらの方が安かったから・・

 

f:id:fabifuten:20191029163335j:plain


お値段、10.1ユーロ。量が多くて、肉も分厚い。食べきれずに、残してしまいました。

 持ってきたときに、シェアするかと聞かれたのですが、意味わからず・・食べているうちに、これは一人では無理だとわかりました。みなさん、分け合って食べているようです。

 

 カミさんの選んだ日本食はラーメン。海鮮スープでした。お値段、9.7ユーロ。

f:id:fabifuten:20191029163401j:plain

 

お味は日本で食べるのと同じくらい美味しくいただけました。外国でこれくらいの味だせれば、合格点です。

 

帰る頃は満席。お客も、接待で連れてこられた日本人一人以外は現地の人。地元民に愛されている店のようです。料理が出る前に出されたタパスも美味しかったし・・

帰り道は食べ過ぎで吐くかと・・

 

そのため、夜はスーパーで買ってきたポテチと缶ビール。グラナダの地ビール、アルファンブラespecialがまたまた美味しい・・溜まっていた疲れもぶっ飛びました。

食事は元気の源です。

 


グラナダ アルハンブラ宮殿Slide show・・ヨーロッパ60日の旅

コスタ・デ・ソル

 

f:id:fabifuten:20191029164050j:plain

ネルハ

今、ネルハにいます。グラナダからバスで移動して来ました。このバス、途中からローカルバスに変身。白い村々を停まりながらネルハまで。おかげで、バス旅だけで、コスタ・デル・ソルを堪能しました。

コスタ・デル・ソル・・私のヨーロッパのリゾートのイメージはリビエラではなく、ここ、コスタ・デル・ソル。太陽海岸・・名前だけでも、リゾートです。

 

そして、ネルハは、別名、ヨーロッパのバルコニー。地中海の青い海、青い空が広がっています。とにかく太陽が眩しいです。さらに、街並みが白い。太陽に照らされて、目が開けていられないくらい輝いています。

f:id:fabifuten:20191029164239j:plain

 

青い海、青い空、白い街。私の描いていたヨーロピアンリゾートです。ちょっと、アジアンリゾートとは違います。カリブ海のリゾートとも、違うし・・

何かが違います・・

 

グラナダから海沿いの街に移ったので、少し物価も下がりました。今まで、ちょっと高いなぁと避けていたパエリアもお手頃価格。リゾートといえば、やっぱり食べ物が安くて、美味しい。これ、基本です。

 

f:id:fabifuten:20191029164112j:plain


いやぁ、濃厚なお味で・・日本で食べるのとは別物ですね。地中海を眺めながらパエリア。たまりません・・

 

そして、夜はスペインーポルトガル戦。

 

f:id:fabifuten:20191029164156j:plain

いやぁ、盛り上がりました。食事をしながら見ていたのですが・・

店員が不機嫌になったり・・喜んで涙目になったり・・そして、最後は強烈なフリーキック。オゥーという歓声・・まぁ、ドローでよかったです。

 

白い村フリヒリアナ

おはようございます・・と言っても、こちらはシエスタの目覚めです。スペインのシエスタ、きっちりしてまして、どこの店も昼休みとります。この前、銀行にお金を下ろしに行くと、ATMまでシエスタしてました。そんな感じで私の生活も続いているのですが・・

 

今日は朝から白い村フリヒリアナに行ってきました。コスタ・デル・ソルには色々白い村があるのですが・・最近の一押しが・・フリヒリアナ。

 

f:id:fabifuten:20191029164536j:plain



 

いやぁ、良いところでしたが、疲れました。

坂・・

坂・・

坂の連続・・

村の中の運搬は馬に頼るくらい坂の連続です。

 

f:id:fabifuten:20191029164549j:plain


よくできた村で、どこを撮っても絵になります。写真撮りすぎて、白い村はもういいというくらい満足な1日でした。


スペイン白い村フリヒリアナSlide show・・ヨーロッパ60日の旅

  

そして、ネルハに戻って、お昼ご飯。昨日から、海鮮にはまっています。とにかく、美味しい・・安い・・ですから。

 

まず、定番、イワシのフライ。骨まで行けます。

 

f:id:fabifuten:20191029165247j:plain


アサリの白ワイン蒸し。スパイスが一味変えてくれます。

 

 

f:id:fabifuten:20191029165313j:plain

 タコのスープ。サルサソースでびりっと辛めです。

 

f:id:fabifuten:20191029165135j:plain

 

そして、これが大当たり。シルバーの魚とメニューに書いていたのですが・・

 何が出るのかなと思っていると、しらすのフライが出てきました。レモンと塩味がワインにバッチリ。

 

f:id:fabifuten:20191029165116j:plain

 




 

これらの値段が一皿5ユーロほどで食べれます。ほんと、極楽生活です。

 海鮮以外にも・・

 コロッケとか・・

 

f:id:fabifuten:20191029165354j:plain



 

トマトのサラダとか・・

 

f:id:fabifuten:20191029175143j:plain



 

日本で食べれそうなのですが・・一味・・いや、二味違うんですよ。

 たぶん、オリーブオイルのせいだと思います。これだけで、パン食べれますから・・

 

こんな生活もコスタ・デル・ソルにいる間だけ。もう少しすると、バルセロナです。

パエリアが一人前でも20ユーロ以上するとか・・また、貧素な食生活に戻ります。

 

それまで、食いだめ。

頑張ろう♪( ´θ`)ノ

 


スペイン、コスタ・デル・ソル ネルハSlide show・・ヨーロッパ60日の旅・・

マラガ

f:id:fabifuten:20191029175726j:plain

ネルハの街からマラガに移動してきました。

 

それにして、ネルハの街、いい街でした。今まで行った街の中で三本の指に入ります。 何がいいか・・まず、治安がいい。夜の12時でも、町歩きに不安がない。小さな赤ちゃん連れも歩いています。

 

f:id:fabifuten:20191029175505j:plain

 

観光客も落ち着いた人が多く、騒ぐ人がいない。家族か、カップルが中心の街です。そのため、街全体が落ち着いています。この街のいいところはもう一つ、物価が安い。観光客向けのレストランでも手軽な値段で食べれます。そして、美味しいし・・こんな街で老後を過ごせたら、幸せでしょうね。

 

そして、今いるマラガ・・都会です。一気に物価が上がりました。軽く昼ごはん食べたら、20ユーロ以上取られました。ちょっと焦ったりして・・

 

マラガはピカソ生誕の地。ピカソ博物館があります。ピカソはスペイン嫌いで有名で・・マラガにあるコレクションはあまり期待していなかったのですが・・

 

素晴らしい作品がズラリ。二百点以上の作品が展示されていました。これで7ユーロ。

お買い得です。館内は人も少なく、ゆったり鑑賞できます。いい時間が過ごせました。

f:id:fabifuten:20191029175824j:plain

 

そして、外に出ると、すごい行列。入場制限していました。ゆっくり鑑賞できたのは、このおかげだったようです。

 

そろそろ、コスタ・デル・ソルの旅も終わり。明日はバルセロナ。ますます都会になります。私はどうも田舎に向いているようで・・

ちょっと不安です・・

 


スペイン マラガSlide show・・ヨーロッパ60日の旅

バルセロナ

 

バルセロナにやって来ました。大都会です。その大都会の中心のグラシア通り近くのアパートに宿をとりました。とにかく、物価の高いバルセロナ。いかに安上がりに切り抜けるか、考えた結果・・

自炊・・となりました。

 

f:id:fabifuten:20191029181850j:plain



そのため、キッチンのついているアパートメントを予約。たまたま見つかったところが、グラシア通りのすぐ近く。グラシア通りは、パリでいえばシェンゼリゼ通り。そのすぐ近くで生活することとなりました。

 

いやぁ、おしゃれですねぇ・・ちょっとやってみたかったことが、ひょんなことから実現しました。田舎者にとって、都会での生活、新鮮です。近所のスーバーは古い建物の一角にあって、お洒落です。隣の建物に干してある洗濯物までお洒落に見えます。

 

さっそく、カミさん、頑張って晩御飯作りました。調味料が揃っていないので、苦労したようですが・・美味しくいただけました。

f:id:fabifuten:20191029182146j:plain

 

近くにはたくさんのガウディの建物があります。外は観光客で賑わっているのですが・・どうも、二人とも疲れ気味。観光にもいかず、部屋でまったりしています。

 

昨日はネルハからマラガ・・そして、今日はマラガからバルセロナ。移動が続くと疲れます。もう若くはありません。無理は禁物。まだまだ病み上がりの体ですから・・

 

今晩、ゆっくり休んで、明日から活動開始です。

 

それにしても、見るところ多すぎ。さらに、入場料高すぎ・・食費削って倹約しているのに・・どうしましょ・・

 

 バルセロナ観光

 こちらはスペインのシエスタ時間。さて、今までご近所を観光して来ました。

 

歩いて数分のところにある史跡Casa de les Punxes地球の歩き方に載ってないので、日本語でなんと呼ばれてるのかわかりません。こちらのガイドブックでは、マスト・シーなのですが・・一瞬、ガウディかと見間違う外見です。

 

そこからちょっと歩くと、人だかり。人が集まっている所へ行けばいいので楽チンです。こちらは本物のガウディ。カサ・ミラというらしい・・

 

f:id:fabifuten:20191029182857j:plain



 

次の場所もたくさんの団体さんが集まってます。カサ・バトリョ。写真よりずっと綺麗です。iPhoneの限界かな。

 

f:id:fabifuten:20191029182911j:plain



 

昨日、空港バスで着いたカタルーニャ広場。今日もたくさんの観光客が到着してました。

 

f:id:fabifuten:20191029183231j:plain



 

午前中はただという話で・・カテドラルへ。確かに無料でしたし、空いていました。中の装飾はさすがバルセロナ。素晴らしいものでした。タダで見れてラッキーという感じです。

 

f:id:fabifuten:20191029182925j:plain



 

その近くのブケリア市場・・観光客向けの市場でしょうか・・ディスプレイが上手です。ただ、人多すぎ。人混みが苦手ですので、早々に退散。

 

f:id:fabifuten:20191029182938j:plain



 

こちらでもらった地図のマスト・シーを見て回ったのですが・・この辺で三時間経過・・これくらいが、私たちの体力の限界です。休憩に宿に戻りました。

 

それにしても、バルセロナ、一気に日本人遭遇率上がりました。旅行を始めてから、あまり日本人に合わず・・今までに見かけた日本人の数も総計十名程でした。

 

それが今日は・・アッここにも、あっちにも・・たくさん見かけます。

 今の宿にも、日本人泊まってますし・・カテドラルの入場の際の行列の後ろの人も日本人グループでした。一気に観光地にやって来たなという実感が湧いて来ました。

 

この後、明日のサグラダファミリアの下見に行ってみようかと・・入場予約は明日ですので・・外から見るだけ。こちらも宿から歩いて15分。ご近所巡りで観光終わります。こんなところに住めたら、ホント、楽しいだろうなぁ・・破産確実ですが・・

 

 サグラダファミリア

f:id:fabifuten:20191029184214j:plain



いよいよスペイン最終章。サグラダファミリア教会に行って来ました。昨日、予行演習ずみ。宿からスムーズにバス移動です。到着したのが、指定された入場時間の一時間前。

まぁ、ここはスペイン大丈夫でしょうと・・列に並んで入ろうとすると・・

ノゥー・・

えっ嘘でしょ。

日付あってるし・・

 

書いてある時間にまた来てねということで、追い返されました。アレェ、ここスペインでしょ。そういえば、ここはカタロニア。スペインの中でもちょっと違うのかな・・まぁ、人によって違うだろうと・・別の列から入場。最初のチェックを通り抜け、最終コーナー・・

 

はい、ダメでした。

 

結局諦めて、一時間ずっとサグラダファミリア教会を見上げてました。

おかげで入場前から首が痛くて・・

さて、指定された時間に入場すると・・結構、セキュリティ厳しいです。空港より厳しいかも・・さらに教会だから、帽子ダメ。タンクトップダメ。色々チェックを終えて入場です。

 

まずはエレベーターにのって塔の上へ移動です。たまたま並んだ順が東洋系が固まってました。カップルを先頭に、中華系五人家族、そして、私たち。ちょっと嫌な予感が・

 

塔に登ると、やっぱり大渋滞。家族五人、並んで家族写真です。なかなか気に入ったのが撮れないようで・・そりゃ、一人しか通れない螺旋階段で五人家族写真、無理でしょ。それでも頑張って撮れたようで・・満足そうに降りて行きました。

 

続いて、カップルの嫁が写真オタクのようで・・うまく写真が撮れないようです。なんども撮り直します。何を撮りたいのかわかりませんが・・大きなレンズをつけたカメラ振り回しています。

やっと、移動してくれたので、確認すると・・

 

f:id:fabifuten:20191029183041j:plain



 これが撮りたかったようです。

 そんな感じで、せっかく塔に登ったのに、渋滞を経験して来ました。

疲れたぁ・・

下に降りてからも、嫁カメラ・・なかなか前に進まず・・旦那の顔は切れる寸前までいってました。新婚旅行なのでしょうかぁ・・御愁傷様です。

 

さて、教会内部。入場制限しているのに大混雑。セール中のデパート状態です。ここは、一応、教会ですよねぇ。ですが、ディズニーランドのごとく賑やかです。

 

帽子は入るときだけ取って、中に入ったらかぶってます。タンクトップの人はショールを貸してもらってるはずですがが、つけていません。もう、ここは無法地帯です。ガウディさん、まさか、こんな教会にする気はなかったと思うのですが・・

 

さて、感想なのですが・・思ったほど、大きくありません。ミラノの大聖堂から比べればね・・そして、塔も思ったより高くない。ケルンの大聖堂と比べるとね・・

 

しかし、デザインが素晴らしすぎる。綺麗です。ステンドグラス、まさにインスタ映えそのもの。女子、たまらんでしょうねぇ・・

 

こんな感じで人混みに疲れきって、ヘロヘロ状態で宿へ。今日も自炊続いています。

お昼は、ハンバーガーとなりました。

 

f:id:fabifuten:20191029183027j:plain


醤油が手に入ったので、昨夜はしようが焼きでした。

 

f:id:fabifuten:20191029183016j:plain


1キロ100円のコメですが、美味しい。たまりません・・朝ごはんも卵焼きと味噌汁でいただきました。日本人、やっぱりコメです・・

 

自炊生活で体力を回復したところで・・

これにてスペイン終了・・

次は何処へ・・


バルセロナでアパートメントに泊まって観光(Slide show)・・ヨーロッパ60日の旅